シニアだからこそ取っておきたい資格がある

シニアだからこそ取っておきたい資格があるシニアの資格

定年したら何をすればいいのか

定年してシニアになり第2の人生が始まると、急にやることがなくなり脱力感に見舞われる人が結構います。定年前は、いろいろやりたいことを考えていたリ、夢見ていたリする人も少なくないようですが、実際定年してみると・・・ボーっとして無駄な時間を過ごす人が意外と多いのです。

第2の人生では、どうしてもしなければならないことが少なくなってきます。特に65歳を過ぎて年金支給が始まるとなおさらです。ただ、年金だけでは暮らしていけない人、人生100年と言われる将来を見据えた場合不安に駆られる人も少なくないでしょう。

では、定年したら何をすれば良いのでしょうか。その答えは人それぞれ異なると思いますが、健康で最低限の生活ができる収入が保証されていれば、特に大きな問題となることはないでしょう。しかしながら、有意義な老後、楽しい老後を送るためには、自分なりにやりたいこと、挑戦したいことを見つけておいた方が良いでしょう。

シニアの資格取得

楽しい老後を送るためにも、特にやりたいことが見つからない人は、何か資格取得に挑戦してみると良いでしょう。

資格を取得することは、自分に自信が付くことにもつながり、また未知の分野に興味を持つきっかけにもなり、シニアだからと言って資格取得が無駄に終わるということはありません。

これまでの人生において、一つも資格を取得したことがないなら、何でも良いので資格取得に挑戦してみましょう。1ヶ月程度の学習で取得できる資格がいろいろとあるので、興味の持てるジャンルの資格を目指してみましょう。

シニアの資格取得には通信講座が便利

シニアが資格取得に挑戦するときには、独学で目指すより通信講座を活用した方が、手軽に確実に資格が取れるのでおすすめです。趣味や実用的に活かせる資格から、仕事や副業に活かせる資格などさまざまなジャンルの資格が通信講座には揃っています。

1ヶ月程度の学習で取得できる資格なら、初めてのシニアでもストレスなく挑戦でき、1ヶ月後には正式に認定された資格やライセンスを取得できます。特におすすめなのがスマホ学習で定評のある通信講座Formie(フォーミー)です。スマホやパソコン、タブレットを用いて、いつでもどこでも手軽に学習ができ、資格試験も在宅で受験できるので、資格取得が初めてのシニアでもストレスなく挑戦できる学習スタイルになってます。

さまざまなジャンルの50種類に及ぶ資格が揃っているので、興味の持てる資格を探し出して、挑戦してみましょう。

>>スマホで資格取得ならformie(フォーミー)

定年してからでも取りたい資格ランキング

人生100年時代、70歳定年、定年消滅説など、働けるうちは働きながら第二の人生を楽しみたい人に、定年してからでも取りたい資格を紹介します。

定年してからの再就職に役立つ資格がいくつかあります。人で不足だったり、資格がないと就けない仕事などの求人で、定年してからでも取っておくと役立つ資格です!!
通信講座を受講して、知識を身に付ければ、誰でも取得できるので、まずは挑戦してみてくださいネ(^^♪

再就職に役立つ資格|マンション管理士

マンションにお住いの方はご存じかと思いますが、ある程度大きなマンションなどには管理組合があります。多くは住民から理事などが選出されはするものの、実質的な管理業務は委託している管理会社が行っているケースが多いようです。
主な業務は、このようなマンションの管理組合に対して修繕計画などについて助言や指導をしたり、委託業者の一員として働くこともできます。

すぐに働ける資格|介護初任者研修

介護の仕事の入門資格である訪問ヘルパーとして働くための「介護職員初任者研修」(旧ホームヘルパー2級)の資格です。最短で1ヶ月の研修を受講し、介護業務に必要な基礎知識、高齢者の移動、食事及び入浴などの実技演習を受け、介護に必要な基本知識と実技を理論と実践で身に付けます。

老後の達人
老後の達人

研修の受講時間は130時間で、標準的な受講期間は1~4か月程度です。自宅でのテキストでの学習と通学して実技などを学ぶ教室での学習の組み合わせとなります。130時間の全課程終了後に1時間程度の筆記試験があり、必要な知識が習得できているかを確認します。研修で学んだことを理解できていればほぼ合格できるレベルです。

>>介護の入門資格について

在宅で稼ぐ資格|Webライティング実務士

 

コロナ禍でリモートワークも増えてきている中、定年後に敢えて外で働きたくないという人には、自宅でできる仕事があります。ブログなどの記事を書いて稼ぐWebライティングの仕事で、クラウドソーシングサービスを通じて仕事をするため、自宅にパソコンとネット回線があれば、誰でも始められます。
プログラミングをするわけではないため、パソコンでメールが送受できて、何かテーマについて文章が書ける人なら、誰でも始めることができます。
Webライティング実務士の資格を取れば、一定のスキルを身に付けることができ、資格取得後の仕事紹介もあるため、おすすめです。

老後の達人
老後の達人

隙間時間を使って月に5万円程度稼げれば、年金の不足分を十分に補えることでしょう。全くの初心者でも約2ヶ月のWebライティング講座を受講すれば、Webライティング実務士の資格を取得できます。
>>Webライティング講座

シニアでも挑戦できる資格

シニアでも挑戦できる資格、楽しい老後を送るために役立つ資格などを紹介します。