老後を楽しく過ごすための情報サイト|老後の達人

老後の達人|新着記事

楽しい老後を過ごすための新着記事です。ここ1ヶ月に届いた新着情報をチェックしてください!!

進むペットの高齢化|ペット介護の資格を取ってその日に備えよう
国家公務員の定年が65歳になったら老後はどうなる
高齢者の睡眠不足を1ヶ月で解消する方法とは
実家の片付け|収納スペシャリストの資格を取得しよう

老後の達人|おすすめ記事

老後の達人サイトで、人気の記事、話題の記事、良く読まれている記事です。おすすめ記事を参考に、あなたも楽しい老後を送ってください。

やりがいの持てる仕事に就きたいシニアの選択肢とは
シニアでも働ける老後の仕事探し
シニアのおうち時間の過ごし方
老いに負けないためのシニアの体力作り|縄跳び

老後の達人|シニアの仕事

定年後や老後を迎えても、働く意欲のあるシニアには様々な道が開けています。人生100年時代、定年延長も65歳から70歳、さらには75歳から定年消滅とまで言われるこれからを、生きがい、やりがいを持てる仕事に携わりつつ、楽しい老後を送りたいと思いませんか。これまでとはひと味違う、楽しみながら働いて稼ぐ、社会貢献しながら働いて稼ぐ、そんなシニアの仕事を紹介します。

やりがいの持てる仕事に就きたいシニアの選択肢とは
老後になって始めるアフィリエイト
シニア向けの仕事がないと嘆く前にすべきこと
シニアでも働ける老後の仕事探し

老後の達人|シニアの体力作り

体力の衰えを感じているシニアに、是非とも実践してもらいたい、シニアでも無理なく体力作りができる、または体力を維持できるノウハウ、情報をシェアします。シニアに人気の縄跳び、ウォーキングなど、興味のあるジャンルの運動をしてみませんか。

ノルディックウォーキング|高齢者におすすめのアウトドアスポーツ
シニアにもできる体幹トレーニングで体力作り
縄跳びは膝の怪我を筋トレで予防しながら楽しもう
シニアの体力づくりと縄跳び

老後の達人|シニアにおすすめヨガ

自宅で手軽に行えるシニアヨガ、特にコロナ禍ではネット配信を活用したリモートヨガがおすすめ。ヨガを続けて行けば、シニアにヨガを教えるシニアインストラクターも目指せます。

マインドフルネスヨガを実践してみよう
体にいいホットヨガ!!効果を知ればあなたもやりたくなる

老後の達人|旅行のすすめ

老後になって得られる時間的余裕、金銭的余裕を有効に活用して、楽しい旅を計画しませんか。初めての場所へ行ってみたり、旅行先で人と出会ったり、自然の雄大さを実感したり、旅行には人生の楽しみが詰まっています。老後だから是非ともチャレンジしてほしい旅行について紹介します。

日本の灯台巡り|イベントに行ってみよう
日本人の建てた灯台の歴史を調べてみました
灯台の歴史を知れば灯台巡りの旅がさらに面白くなる
シニア一人旅|出雲日御崎灯台に行ってみよう

老後の達人|年金・資産運用

定年する前に考えておきたい年金や資産運用について紹介します。老後の生活にはいくら掛かるのか、年金は一体いつから、いくらもらえるのか、家は買うべきか借りるべきかなど、50代になったら知りたいことを紹介します。

厚生年金の計算方法と受給額について調べてみた
国民年金の受給額|どれくらいもらえるのか

老後の達人|終活・墓じまい

人生の五計の中の一つ・・・いかに老いるかは、シニアになったらしっかりと考えておきたいことです。これまではあまり気にならなかったことが、急に身近なものに感じるようになります。同世代の人の死、親の老い、介護など、終活から墓じまいに関すること・・・いかに老いるかについて紹介します。

墓じまい代行の簡単見積もり
墓じまいの流れと必要な手続き

老後は楽しく過ごしてなんぼ!!

定年してから始まる第二の人生を有意義に、楽しく、幸せに過ごしたいなら、あなたも老後の達人を目指してみませんか。
これまでと違った目線で自分の身の丈に合った暮らし、生きがい、生き方を選ぶことで、あなたも老後の達人になれるのです。

定年前後に感じる老後に対する不安

人生100年時代に突入したといわれますが、定年が近づいてきた人たち誰もが考えることの一つが『自分の老後』です。それまで生きてきた道はそれぞれ異なりますが、これから先に行きつく場所は決まっています。それまでの道のりをいかに自分らしく、楽しく、そして幸せに歩いていくことができるかが大切で、だからこそ誰もが心配になるのです。
老後に対して不安に思うことを聞いてみると、お金、健康、生きがいの3つの不安に大別されます。老後の不安を払拭するためにはそれなりの準備をしておくことが大切です。

老後のお金についての不安

定年が近づいてきた友人に聞いてみると、お金について不安に感じている人は結構いました。
何が不安なのか聞いてみると、ローンの返済がまだ残っているのが不安、子供が卒業するまでの資金が不安、年金受給できるようになるまでの間の生活が不安などで、それぞれの家や家族の事情によるものが大半でした。

まずは、自分の資産、預貯金、ローン残高、必要と予想される教育費などがどれくらいなのか概算を計算することから始めましょう。そして、老後に入って来る年金の額を試算してみましょう。次に、国民年金、厚生年金、共済年金、自分で積み立てていた個人年金などの収入予定を合計しましょう。

不思議なことに、収支の概算を明確にすると、老後のお金についての不安が明確に浮き彫りになったり、安心感が持てたりするようになり、お金に関する不安が解消されるのです。

老後の達人
老後の達人

貯金と年金でどうにか足りると分れば安心なのは当然ですが、毎月5万足りないと判明して貯金を崩すと10年しか持たないと分れば、不安は残ったとしても、これからの対応策を考えることができるため、以前の単なる不安とは違い、安心感のある不安?に変化するのです。

老後の健康についての不安

男女の差がなく不安に感じていることは、やはり健康や病気についてです。
テレビを見ていると同年代のタレントや著名人の病気の話や訃報が、妙に耳に飛び込んでくるように感じられるのが、定年前後の年齢に突入した証拠だと思います。

特にそれまで健康だった人は、体力の衰えを急に感じたり、疲れがちになったり、やる気が出ないなど、直接病気にはつながるものではなくとも、これまでの自分と比較して何か変わってきたと感じるあたりから、老後の健康について心配になってくるのです。

健康についてはそれぞれ今までの生き方が体のあちらこちらに反映されていると思います。お腹にたまったビールや背中に付いた焼き肉など、また運動不足やストレスが引き起こす症状など、健康診断を受ければ一目瞭然です。

老後の達人
老後の達人

毎日コツコツとできることから始めてみると生活が少しずつ変化していくと思います。おすすめなのが、手軽にできる縄跳びで、シニアや高齢者でも無理のない範囲で楽しむつもりで始めると、思わぬ楽しみに遭遇することになると思います。

老後の生きがいについての不安

老後の生きがいについての不安は、定年が近づいていない人、若いときには実感できないものです。
なぜなら、まだまだ現役のうちは仕事や仕事に関連する人々とのつながりもあるからです。
定年して初めて感じるのが、『会社を辞めたとたん、いきなり人脈がプッツンと途絶えること』で、今までパス一つで入れた会社にも入れず、電話やメールしていた相手とのやり取りも、昨日までのようにはいかないからです。

定年してから老後の孤独にさいなまれ、自分の居場所を見つけられなくなる人も少なくないようです。
75歳が健康寿命といわれますが、60歳で定年してから15年、65歳で定年しても10年という時間があるので、第二の人生の生きがいをしっかり見つけて、楽しい老後を送れる老後の達人を目指しましょう。

老後の達人
老後の達人

生きがいの一つに働くことがありますが、シニアになっても働けるところはあります。自分にできることをしっかり選択して、体を動かすこと、自分の仕事が社会につながっていることを認識しながら汗を流すと、老後の不安も知らないうちに消えていきます。

老後の達人になるために

本サイトでは、5年前に定年してからの経験を踏まえ、老後の不安を払拭し、楽しく幸せな第二の人生を過ごすための方法について紹介します。
あなたの老後に役立つ情報が一つでも見つかり、それをきっかけに老後の達人になれることを願っています。