高齢者の睡眠不足を1ヶ月で解消する方法とは

高齢者の睡眠不足を1ヶ月で解消する方法とはシニアの資格

不眠症は国民病?

一般に若い人ほど体が自然に眠気を欲してすぐに寝つき、十分に睡眠を取った後はスッキリ目覚めると言われますが、最近はそうでもないようです。
仕事で夜勤があったり、海外からのメールを夜中にチェックしたりして夜型の生活パターンが定着し、深夜までパソコンやスマホなどを使っていたり、午後近くになって起きだして、一日中家の中に居ることで昼夜が逆転してしまう人もいます。

日本人の睡眠に関するある調査では、5人に1人が「睡眠で十分な休養が取れていない」、「なんらかの不眠の症状がある」と回答しているそうです。年齢を重ねるに従って睡眠に不満を感じる人の割合は増加して、60歳以上の人の3人に1人は睡眠に何らかの悩みを抱えています。

高齢化が進む今日、睡眠障害に悩む人はますます増え、不眠症はもはや国民病と言っても過言ではありません。

老後の達人
老後の達人

現代人は昼夜を問わず活動しています。夜間でも明るい照明や電子機器のせいでなかなか寝つけません。このため若い人や働き盛りの人にも不眠症や睡眠不足に悩む人が増えています。不眠症は今や現代人に共通の悩みなのです。

高齢者に睡眠障害が多い理由

高齢者に睡眠障害が多い理由

若いころはいくら寝ても寝足りず、休みの日は昼過ぎまで寝ていたという人も、年を経るうちに徐々に早起きになり、眠りも浅く、眠る時間も短くなってきます。高齢者の眠りが浅く、少なくなる傾向は生理的なものだそうで、夜間の睡眠時間は10歳までは8~9時間、15歳で約8時間、25歳で約7時間、45歳で6.5時間、65歳で約6時間歳を重ねるごとに睡眠時間が短くなっています。

睡眠には脳が休止して熟睡状態にあるノンレム睡眠と、眠っていても脳が活動しているレム睡眠の2種類があります。一般に若年者はノンレム睡眠が多く、高齢になるほど減ってくるため眠りが浅くなります。

また、夜になると眠くなり、朝になると目が覚めるという覚醒のリズムには、体温とメラトニンという脳内ホルモンが関係しています。体温は通常、早朝から上がり始め、午後2~3時頃にピークとなり、夕方にかけて徐々に下がり、深夜の午前2~3時頃に最も低くなります。メラトニンには体温を下げる働きがあり、午後の9時ごろから分泌が始まり、深夜の午前2~3時頃にもっとも盛んに分泌されます。ところが高齢になるとメラトニンの分泌が活発に行われなくなるため、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりします。

老後の達人
老後の達人

高齢になると睡眠の質が悪くなるのは生理的な要因があるので、ある程度は仕方がないことですが、1日の約3分の1は眠っている時間なのですから、いくつになっても快適な眠りを得たいものですね。

睡眠不足・睡眠障害はなぜ起きるのか

睡眠障害(睡眠不足)には、ベッドに入っても眠りにつけない入眠障害や、朝早くに目覚めてしまう早期覚醒、寝ている途中で目覚めてしまう途中覚醒、熟睡できないまま朝を迎えてしまう熟睡困難4つの主な症状があります。どの症状も基本的には主に3つの原因で起きると考えられます。

  1. 生活習慣によるものです。寝る直前までスマホを見ている、入浴時に熱い湯に浸かる、寝酒が習慣になっている、必要以上に早く就寝してしまう、昼寝の時間が長いなどは睡眠障害を招きやすい生活習慣です。
  2. ストレスや不安などの心理的・精神的な要因です。仕事や介護のストレス、老後のお金や健康の心配、不安などがあると、心が穏やかではいられず、寝ようとしてもそのことが脳裏から離れず眠れなくなります。一旦は眠りについても、眠りが浅く目が覚めてしまうこともあります。
  3. 病気によって起きるものです。代表的なものに睡眠時無呼吸症候群があります。これは睡眠中に空気の通り道である気道が狭くなることによって、10秒以上呼吸が止まったり、大きないびきを繰り返す病気です。睡眠中の体内の酸素量が不足して満足な眠りを得られないばかりか、心筋梗塞などの病気を引き起こす原因にもなります。またなんらかの病気による咳や痛み、息苦しさや飲んでいる薬の作用で眠れなくなることもあります。
老後の達人
老後の達人

一口に不眠といっても症状は様々です。睡眠日誌をつけるなどして自分がどのような症状なのか、その原因となっているものは何なのかを知ることが大切です。

睡眠障害を改善するには

睡眠障害の3つの原因を見極めて取り除くことが必要です。

  1. 生活習慣の見直にしはいくつかのポイントがあります。たとえば、起床時間、就寝時間がいつも決まっているか、睡眠時間にこだわっていないか、太陽の光を浴びているか、適度な運動をしているか、寝る前にリラックスしているか、寝酒を飲んでいないか、寝室は快適か、などです。それぞれのポイントには見直すべき理由があります。その理由を知れば睡眠について深く知ることになり、納得して習慣を改善できます。
  2. ストレスや不安などの心理的・精神的な原因を取り除くには、簡単なところでは自分なりのストレスの解消方法を見つけて発散することなどがありますが、不安が根深いものであったり、重いものであったりすると、そう簡単には取り除けません。また不眠であること自体が不安になってしまい、さらに不眠が悪化するケースもあります。場合によっては医師の診断が必要になることもあります。
  3. 病気による不眠は、本来の病気の治療だけでなく、痛みや苦しみ、咳などをどうやって抑えるかについても医師との相談が必要です。
老後の達人
老後の達人

睡眠障害には改善方法があります。症状にあった改善方法を実践することで睡眠の質を高めることができます。

睡眠について学んでコンサルタントになろう

これまで述べたように、睡眠障害は高齢になると顕著になってきます。また睡眠障害は様々な要因で起き、改善方法も多岐にわたっています。睡眠について学ぶことはよりよい眠りを得る近道であり、快適な睡眠を得られることは快適な暮らしを送れることと同じと言っても過言ではありません。睡眠の悩みを取り除き、心地よい眠りを手に入れましょう。

睡眠について学んでみようと思って、どうやって学ぼうか迷っている人にお勧めなのが、通信講座で睡眠について体系的に学んでスペシャリストになることです。通信講座では次のような睡眠に関する知識やスキルが身に付きます。

  • 睡眠に関わる脳の働きや夢の秘密
  • 快適な眠りを得るための環境づくり
  • レム睡眠、ノンレム睡眠といった眠りの種類ごとの働き
  • 記憶力を高める睡眠の仕方
  • 夢の効果
老後の達人
老後の達人

睡眠のスペシャリストになれば、自分の睡眠を改善するだけでなく、睡眠不足で悩んでいる人々へのアドバイスをしたり、睡眠コンサルタントとして起業したり、副業として睡眠専門ライターになることもできるのです!!

睡眠コンサルタント資格取得通信講座

睡眠の資格?と思った人も少なくないかもしれませんが、実は「睡眠コンサルタント」という資格があります。TVでも紹介されたスマホで資格が取れるFormie(フォーミー)というオンラインの資格ポータルで見つけた講座です。スマホを使って学習できるので、隙間時間や気が向いたときに気軽に学ぶことができます。

Formieのスマホ講座は、スマホやパソコン、タブレットを使用して学習するスタイルで、効率的な学習ができるため、1か月で睡眠コンサルタント資格取得ができます。しかも、一般社団法人 日本能力教育促進協会(JAFA)が認定する資格なので、信ぴょう性も高く、睡眠コンサルタントとして寝具やリラクゼーション業界で働いたり、自宅で睡眠講座を開いて講師を務めたりすることもできて、老後の副業としても活用できる資格です。

スマホ講座ではテキストなどを持ち歩く必要もなく、資格試験も在宅でスマホを用いて受験できるため、シニアでも手軽に挑戦できます。

>>睡眠コンサルタント資格取得講座

老後の達人
老後の達人

スマホ講座で1ヶ月学習すれば、睡眠について学び自分の眠りを改善し、コンサルタントの資格を取って、睡眠不足に悩む人たちの悩みも解消してあげることもできちゃいます(^^♪

まとめ|1ヶ月で睡眠不足を解消する

人生の約3分の1の時間を費やしている睡眠時間、この時間が快適であるか否かは、幸福に暮らせるかどうかの分かれ目です。睡眠は脳の働きと大きく関わっており、脳の働きを知ることが睡眠を理解する上で重要です。

脳の働きはまだ未知の部分も多く、近年関心が高まっている分野です。これから益々需要が高まる睡眠スペシャリスト、あなたも資格を取って、よりよい眠りを得ると同時に、睡眠の悩みを持つ人の悩みを解決してあげましょう。